2011年7月20日水曜日

【Republic of India】Agra:6日目

【आगरा、アグラ】


2011年じーだぶりゅ、インド8日間の旅。6日目。


昨日(5日目)は世界遺産を2つ掛け持ちしたので、少々疲れが見え始めてきた。
そりゃそうだ。
インドに来てからというもの、朝から晩までずっと走りまくって、食べまくって、騙されかけまくって、助けられまくって、感動しまくって、クラクションをガンガン鳴らすオートリクシャーに苛立ちまくって、トイレの桶を風呂の桶を間違えてひたすらそれを使ってお湯をかぶっていたのを自分でどん引きしまくって、写真&動画を撮りまくって、観光案内をひらすら熟読しまくって、、、
とにかく、忙しい。自分自身で圧倒的に忙しくしている。
うん、そりゃ疲れる。


なので、今日一日はのんびりdayに決めた。
幸いにも、世界遺産の2つは昨日行ってるし、夜の列車まで結構時間あるし。
うふふ、むふふなスケジュールなのだ。


さて、どこに行こうか?
アグラはインドの中でも比較的、観光名所は多いけど、ちゃっちゃと行ってしまえば、他に行くところはあまりない。
観光マップを見ていると、何やら楽しげなバザールがあるとの事。
ワタクシ、海外の「バザール」という言葉にめっっぽう弱い。
聞くだけでドキドキワクワクしてくる。えぇ、そりゃもう、バザールマニアなんですよ。
と、言うわけで、本日のスケジュールはサダル・バザールからスタートです!



ホテル前に居た彼をチャーター。笑顔が素敵な彼。大人しくて運転も荒くない。ナイス。
それにしてもインドの物価は安い。一日かけてぐるっと回ってもらっても日本円で800円ぐらい。

バザールをウロウロ。なんだかへんてこなクルマを発見。蛇なのか?

兄弟かな?興味本位で寄ってきた。仲良しそうだ。

シャイな弟は無口で「ほらほら、このクルマにはこうやって乗ることもできるんだぜ!」と訴えかけてくる。かわゆす。

日本から持ってきたキャンディーは昨日のタージマハルで没収されてしまったので、ここで購入。めっちゃ入ってるやん。

それにしても、インドにはどこでも牛さんがいます。
日本で野良犬や野良猫を見かける以上に我が物顔で道路を歩いています。

ま、たまにはこんなポーズを取ってみたりなんかして…

買い物疲れ(嫁がインドの民族衣装?と靴を購入)を癒やすためにホットチャイ。


アグラ城の城壁を通過。

午後からは「イティマド・ウッダウラー廟」に移動。
ん?この辺である事に気付く。あかん、あかん、また忙しく動き回ってるやん。今日はゆっくりせなあかんやん。
と、思うのは一瞬で、この素敵な墓廟建築に心奪われる。

入口の門をくぐると白亜の建物が見えます。
感覚的にタージマハルのミニチュア版かと思ってしまいますが、建物の表面や内部に施されている繊細な細工は目を見張るものがある。 それにしても、あっつい!

この建築物は遠目で見るのではなく、近づいてじっくり見た方が楽しめます。

白大理石のモザイク。
このようなデザインは、画に描いて装飾するよりもお金がかかっているはずで、ムガル朝全盛期の繁栄を伺わせます。

廟内部。なんとも言えない雰囲気。
ちなみに、ここにも沢山の観光客が来ており、何故かワタクシ達はインド人にモテモテでした。(特に嫁…)
日本人が珍しいのでしょう。年頃の女の子含んだ家族全員で記念写真。
うん、悪い感じは全くしないな。えへへ、うふふ。

保全状態があまり良くなく、壁の装飾は剥げまくっていました。
だって、周りに警備員らしき人は全くおらず、普通に手で触れる感じやもん。
それでも、当時はキンキンキラキラで目映いばかりだったんでしょう。

天井。

中央ホール。仲良く並んでいます。

建物奥にはヤムナー川が流れています。四分庭園が美しい。猿がいた。そしてカップルがたくさんいた。

門を出て、水を買おうと道路を渡って振り返ると、、、   カオスだ、、、 強そうな牛。

うーん、これが日常なんですね、、、 すっげぇよ、インド。

やっぱりここは外せない。昨日も来た「MehtabBagh」に戻ってきてしまいました。ここでやっとのんびり過ごします。
とても綺麗に整備されている公園で、緑が美しい。

今日は夕方じゃないから夕陽に照らされるタージマハルは見られないけど、ここからの角度が好き。
昨日居た少年には会えず… かなり残念だ。

最後にちょっとお買い物。インドを代表するホテル「アマルヴィラス」に立ち寄ってもらう。
このホテルの中にKAMAを扱うショップが入っていて、是非ともゲットンしたかった。
入口には制服を着た恐そうな警備員が居たけど、「お土産買わして。」と言ったらすんなり門を開けてくれた。
汚い格好をしていても、日本人は上客なんだろう。
それにしても、このホテル、凄いな。一歩入ると、外と雰囲気が全く違う。

正面入口。なんだこれは。
この建物のすぐ前の道路ではちっちゃい男の子がお腹を空かせて泣いているというのに…(ちょっと誇張)


シャンデリア。

このホテルは全室タージマハルが見える設計になっているらしい。圧巻。
従業員の接客態度や笑顔も完璧、ロビーの香りも完璧、全てが完璧なホテル。
けど、あんまり泊まりたいとは思わなかった。高級すぎて。

18時過ぎの列車に乗るためにアグラ・カント駅に向かいます。
その前に、晩ご飯をゲットン。列車のお供、マクドナルド君です。もうこれは鉄板。
残念ながらこれでアグラともお別れ。少々、というか、かなーり寂しい。良い街だった。うん、良い街だったよ。

さて、ここから今回の旅の最終目的地、デリーに向かいます。約4時間半の列車の旅。
一昨日にヴァラナシからアグラまで13時間の旅をしているので、もうへっちゃら。なんでもこいだ。

たくさんの人で溢れかえっているので油断すると確実に迷子になります。

間違えて乗ったりしたら大変な事になる。いっその事、間違えたい…

ご覧の通り、インドの列車は非常に長い。人間の視野に入らないってどういう事? うにょーんって感じ。

今回は寝台車ではなくて、普通の座席。お、おい、、、前に座っているインド人、仲良く2人で座っていますよ。
この列車に乗っている時間は非常に助かった。
明日のデリーの行動スケジュールを全く決めていなかったので、おもむろに観光マップを広げて2人でミーティング。
分単位の行動計画を立案して全て雑誌の地図上に落とし込んだ。
ほんまに、自分でこういう才能はあると思うのよ、自分で。旅行業界にいたらそこそこ使いモンになっていたかも(笑)
で、そのスケジュール通りにいくと、明日朝は5時起き。
そこから電車やオートリクシャーや自分の足を使って、フルに一日中動き回ります。
なんせ、デリーは行くところが多い。世界遺産もたくさんあるし、美味しそうなレストランもバザールもたくさんある。
ある程度抜粋しても、それでもまだ選定できない程だ。
おい、楽しみすぎるやんけ。どないしてくれんねん。

なんとか日を超える前にデリーに到着。後はホテルに帰って寝るだけだ。
あ、あぁ~、洗濯しないとっ!


そんなこんなでインドの旅、6日目が終了。明日はメインイベントのデリー観光。
一日中、フルに遊んじゃいますよ。
では次回のエントリーを乞うご期待。







【Republic of India】Delhi:7日目(後半)
【Republic of India】Delhi:7日目(前半)
【Republic of India】Agra:6日目
【Republic of India】Agra:5日目(後半)
【Republic of India】Agra:5日目(前半)
【Republic of India】Varanasi:4日目
【Republic of India】Varanasi:3日目
【Republic of India】Varanasi:1~2日目



0 件のコメント:

コメントを投稿