2011年6月14日火曜日

【Republic of India】Agra:5日目(前半)

【आगरा、アグラ】

この日は間違いなく、今までワタクシが生きてきた中でベスト30位には入る素晴らしい日。
(中途半端だな…)
なぜなら、タージマハルを見に行くからだぁ~
今回、インドに来ようと思った理由の一つに、タージマハルは一生に一回は必ず見ておきたかったから。
特別インドに思い入れはなかったけど、正直ノリで決めたとこはある。
全ての想いが詰まっている、それが今日なのだ。

ここに来るまでにタージマハルの事をメチャメチャ勉強した。
ありとあらゆる本や書籍を読みまくったし、ネットサーフィンで情報を掻き集めた。
なので、ここでは歴史の事は書かない。
まずは素敵に纏めてあるコチラを見て欲しい。

簡単に説明すると、タージマハルとう建物は、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが若くして亡くなった愛妃の為に作ったお墓なのだ。
もう一回言います。これはお墓です。
ありえません… どんだけ妃の事を愛しててん。子どもも14人作ったらしい。

とにかくタージマハルには感動しました。
では、写真を見て下さい。どうぞ。

 
予定より1時間遅れでアグラ・カント駅に到着。ヴァラナシから約13時間の列車の旅。思ってたより快適でした。
ちなみに、先にヴァナラシを出発していたMさんは4時間遅れで、何故か途中で私達の列車に追い抜かれていました。
恐るべしインドの列車事情…

どこから沸き出てきたのか、駅周辺にはすごい人だかり。


駅で無事に現地のガイドに落ち合えた。まずはホテルに向かいます。このガイド、愛嬌があって超面白い。

ホテル到着後、長旅の疲れをシャワーで洗い流し、そそくさと戦闘着に着替えます。
今日は世界遺産に戦いを挑むのです。
バスでゲートに到着。あら、意外に近いのね。
ここでチケットを買えってか。
 
ゲートでチケットを購入。ミネラルウォーターと靴を包む袋がセット(タージマハルは土足厳禁)になってます。
この電気自動車でゲートからタージマハルに向かいます。 ※約5分


どこにでも野良牛がいやがるぜ! こえーよ(汗)

ようやくタージマハルの入口前の入口に到着(ややこしい…)。
ここでは厳重な荷物検査が行われます。何故か飴ちゃんとガムを没収された。
なんやねん!飴ちゃんでテロなんか起こされへんぞー!
せっかくインドの子ども達にあげようと思ってたのにー!
けどまぁ仕方がない…
 
赤砂岩で縁取られた南門。ここを抜けるといよいよタージマハルと対面です。
実はものすごいドキドキしています。ドッキドキです。






見えてますっ、奥さん!タージマハルが奥にチラッと見えていますよっ!!! こーふん!




スッゲー! はい、もうこの一言だけです。それ以上は何も出ません。
これが念願のタージマハル。想像以上であり想像通りの素晴らしさ。本気で言葉を失います。

定番中の定番のショット。(何故か左乳首が…)

至近距離で見ると、なおさら凄い。

ここから先は土足厳禁。
みんなはチケットを買った時に貰った靴カバーをしてタージマハルに入っていってるけど、ここはやっぱり裸足でしょ。
400年前の歴史を足で体感してやるっ!
と意気揚々としていたけど、この日も40度オーバーのおかげで床が熱い。
アチャチャチャチャ~!っと叫びながらやせ我慢しながら裸足で駆けずり回ります。
 
入口アーチ。大理石が圧巻です。当時は翡翠やサファイア等、色んな宝石が埋め込まれていたんだって。


随所に見られる花模様の彫刻。


ここから棺が安置されている建物内にはいる入口。意外とちっちゃい。


タージマハル内部。外見からは想像もつかないほど狭く、荘厳な雰囲気。


シャー・ジャハーンとムムターズ・マハルの棺が仲良く並びます。
一緒に見ていた隣のインド人が「ムムターズ」の発音を熱心に教えてくれた。




裏手からヤムナー川を見て。この対岸にシャー・ジャハーンは黒大理石の自分の墓を作ろうとした。


ふと見上げると、こんな光景。素敵過ぎます。草花の文様とコーランの文様。


コーランの文様をアップで。


このインド人も英語が全くしゃべれなかった。けど、何故か波長が合い、ちょっとだけ仲良しに。
さっきの棺内で彼を見かけて、まず、とてもシャツが綺麗だと思った。褒めてあげたら喜んでいた。
彼が「ここで俺の写真を撮ってくれ(推測)。」と言ってワタクシに渡したカメラに超ビビった。
大型で中身がスカスカなフィルムカメラ。あぁ~、そういうの良いなぁ。


左からも右からも激写。時間はあるので左右に建っている迎賓館で昼寝とかしてました。
なんて贅沢なんだろ。


正方形で幾何学的に分割されたムガル式四分庭園。
タージマハルから南門を見て。


右前方より。


左前方より。この角度が一番好き。

 
チャイ屋。感動した後は何と言ってもチャイ。


もはや虜。完全に虜。超危険。


インドで【絶対に】生野菜を食べるのは厳禁。なぜなら、100%と言って良いほどお腹を壊すのだ。
嫁に隠れて味見してたら見つかって怒られた。 あぁ~


これはライムのようでレモン。インドでは至る所にレモンジュースが売っています。
灼熱地獄の中でこんな状態で売ってても、絶対買わない、よ、ね?


心の友、コカ・コーラ。1日2~3本は飲んでたな。


ここでインドの旅5日目(前半)終了。
後半のイベントは、世界遺産のアグラ城と夕日に映えて美しいタージマハルを対岸がら眺めます。

【Republic of India】Delhi:7日目(後半)
【Republic of India】Delhi:7日目(前半)
【Republic of India】Agra:6日目
【Republic of India】Agra:5日目(後半)
【Republic of India】Agra:5日目(前半)
【Republic of India】Varanasi:4日目
【Republic of India】Varanasi:3日目
【Republic of India】Varanasi:1~2日目



0 件のコメント:

コメントを投稿