2010年11月28日日曜日

【二次会】クラブ月世界

【パーティー、party】
1 社交のための集まり。「カクテル―」「―ドレス」
2 政党。党派。政治集団。
3 仲間。一行。特に、登山・探検などで行動をともにする集団。「五人の―を組んで冬山に登る」

披露宴に引き続き、18時からクラブ月世界で二次会のスタート。
この会場もとても素敵。
昔のキャバレーを箱貸ししていて、昭和な雰囲気が良く、かなり人数が入る。超レトロ。
今はライブ会場として使われているので、音響も映像も完璧。

ここからがワタクシの本番。
幹事の皆と、たっぷり3時間分のイベント内容を考え、準備して、仕上げてきた。
後はそれを実践して演じるだけ。
超楽しみだ。

会場のシャンデリア
今回、司会と担当してくれたシナチクと梶。ありがとう。

みんながどんどん会場に入ってくるのを上から見ていると、かなりテンションが上がってくる。
久々に会う友達もいる。いや~、懐かしいな。

入場テーマ曲と共に、会場入り。半分は初めて会う人(嫁の招待客)なのでちょっと焦る。
けど、まぁ、いいや。
最初のウェルカムスピーチから乾杯、そして諸々のイベント。
楽しげな感じで二次会は進んでいきます。

ミッチー ♪死んでもいい’98
 
ガーボーはやはりデキル男


たくさんの人と乾杯し、たくさんの人と写真を撮り、素敵な時間が過ぎていきます。
ここでもケーキカット。
口の周りに大量のクリームを付けているワタクシの写真がとても多かった。
あら、恥ずかしい。

何人かの親友にスピーチをしてもらったり、めっちゃ恥ずかしい映像(テレビ局の友人に初デートの再現ビデオを作ってもらった)を流したり、ケータイゲームをやったり。
内容盛りだくさんで、主役本人が一番楽しんでいました。
できる事ならもう一回やりたい!(笑)

さて、ここから恒例の DJ OZMA タイムです。
正直、今の流行りではないけど、年代的にとても好きな曲が多い。
そして、みんなのパーティーで実践してきた思い出のある曲でもある。
一気に3曲もダンスホールで踊りまくりました。
この為に、みんがが一生懸命に練習してきてくれたんだな、と思って感動した。
大阪と東京の混合チームだったのに息がピッタリ。


ノリノリの良ちゃん。 ベストショット。
会場のみんなも一緒に踊ってくれた。
100人を超えるメンバーが一緒に踊ると会場が揺れる揺れる。

楽しかった。
ただ、それだけです。

みんな、忙しい中、来てくれてありがとう!





【挙式&披露宴】北野クラブsola

【かんしゃ、感謝】 
 thanks; gratitude〔神への〕thanksgiving  

感謝する thank; be thankful [grateful]((to, for))  
これは感謝の印です 
This is a small token of my gratitude.  
感謝の言葉もありません 
I have no words to express my gratitude./I can never thank you enough.  
こんなことをしたって感謝されそうもない 
This is likely to be a thankless job./Small [A lot of] thanks I'm likely to get for doing this! (▼a lot ofは皮肉)  
ご親切に心から感謝します 
「I am deeply grateful to you [I thank you from the bottom of my heart] for your kindness.  
彼らの協力にとても感謝した 
I deeply appreciated their cooperation.


もうかなーり前の話になるのですが、2010年4月17日(土)に北野クラブsolaで結婚式を挙げました。
落ち着いたらブログに書こう書こうと思っていて、気が付いたら半年が過ぎ、このままいけば確実に年越しだな…、と思い返し、
もう、このタイミングしかない!と立ち上がりました。

このイベントについて何かを書こうとすると、想いを伝えたい事はたくさんあり、とてもこの箱には収まりません。
なので、超シンプルに纏めます(笑)

結婚するにあたり、ワタクシ自身が深く心に思ったこと、それは「皆様への感謝」です。
報告をした先々で、たくさんの方々に祝福してもらい、本当に嬉しく思います。
残念ながらこの感情はうまく言葉で表現できないのが悔しい…
それはまた別の機会で。


+++

結婚式前日は雨。しかも土砂降りです。
まぁ、天気予報では当日は晴れになっているから、あまり心配はしていなかったけど、それにしても振りすぎやろ…
夜は神戸のホテルで親父と二人でお泊り。何を血迷ったのか、最上階のスイートです。
たまには良いか。


【結婚式当日】

朝、はっきりと目が覚めた。
たまに良くある、あれ?ここどこだ? の感じを一通り味わった後、一瞬にし頭がスパークし、全ての事を思い出す。
そう、今日は自分の結婚式。
とても不思議な感覚でした。
緊張と楽しみと不安と、どこからともなくやってくるプレッシャー。
なんやねん、この感覚は?

そんな気持ちを払しょくしようと部屋のカーテンを開けた。
超快晴!
やったね、これだけで、今日の8割方は達成された感じ。(どんな感じや?)
結婚式当日は絶対に晴れて欲しかった。
北野クラブsolaは、雨が降っても結婚式にはそんなに影響は無いけど、どう考えても雨より晴れの方が良い。
その日は春の穏やかな日差しが降り注ぐ、とても気持ちの良い空でした。

かなり早めの会場入り。さて、いよいよ始まります。

天気は晴れ! 

控室に入ってからの事は記憶が曖昧で、あまり覚えていません。ずっとボンヤリしてた。
後から膨大な写真を見て、あーこんなんやったな、そーそーこんなんこんなん、と振りかえる。
周りのスタッフの皆様に挨拶を済ませ(当日のスタッフの数ってスゴイのね、知らんかったよ)、祝電を読ませてもらい、本番の衣装に着替えます。

まずは屋上で写真撮影。
2か月前に前撮りをした時は、恥ずかしくて恥ずかしくて写真を撮られる度にフニャフニャしてたけど、今日は違う。
ある一種の覚悟ができているかもしれないなぁ。
でも、カメラマンにあり得ないポーズを要求された時は、やっぱり照れる。


+++
挙式の前に、簡単なリハーサル。
その後、教会の横の小部屋で神父さんからアリガタイお言葉を聞いて、いよいよ本番。
この時思ったけど、神父さんが日本人で本当に良かった。
安心感が違う。

この扉が開くと、、、 さぁ、スタートです。
solaの教会。みんな私達の登場を待ってくれています。
挙式中はとにかく緊張しまくり。

天空の教会と呼ばれるだけの事はある。バックの空色が映えています。

挙式自体は30分ぐらい(?)だったと思うけど、それが1時間にも2時間にも感じました。
とにかく緊張しまくりで、リハーサルで教えてもらった事が、ほとんど頭から抜けている。
けど、神父さんの温かいリードでなんとか進行している感じ(笑)
そこで事件は起きました。
指輪交換が終わって、誓いのキスの時にワタクシの緊張のせいで、教会内は大爆笑。
しかも、そのまま立て続けに3回も大爆笑を取ってしまう大波乱。
何が起こったのかは恥ずかしすぎるのでここには記載できないけど、お越しになられた方はそっと胸の中にしまっておいて下さい。
神父さんに、「今までの私の経験の中で、挙式中にあれほど笑いが起きた挙式はありませんでしたよ。」と言われてしまいました…
※でも、少しおいしいと思いましたがw


指輪の交換。ちなみに私の号数は11号。
 


無事、終了。
参列者の中には泣いてくれている人もいて、かなり感動した。
今思えば、この挙式中はカッチコッチだったんだろうな。
どの写真を見ても、表情が堅い…

顔めがけて花びらを投げつけてくる奴がいる。


+++

親族一同で写真撮影をしてから、いよいよ披露宴。
グレースヴィラはとても素敵な会場なので、楽しみ。絶対皆にも楽しんでもらえるハズ。

ここまできたら、落ち着いたものだ。
注目されるのが心地よくなってきている、さぁ、どうぞ、写真を撮ってくれ!
あ、でも嫁ばかり撮ってる奴がいる(笑)


義妹ミホリンに作ってもらったウェルカムドック。オレ、黒?
 

入場する時、みんな驚いてくれたかなぁ。
 
高砂席に座って、やっとみんなの顔が見れた。
知ってる顔を見ると、やっぱり安心する。遠いところから来てくれた友人もちらほら。
ありがとう。

この席に座って、披露宴が終わるまでの体感時間、5分。挙式とは違う。

ウェディングケーキ。見た目の可愛らしさで選びました。
デザートビュッフェ。こんな量、絶対食べきれないね。




咲良(さくら)。ピンクのドレスが超カワイイ!

さ、お色直しして再登場。ワタクシはベストの色を変えただけ…

神戸の街並みを一望できるテラス。晴れて本当によかった。

披露宴では何も食べられなかったので、後でワンプレートを用意してくれました。


最後の締めの挨拶は緊張した。
ここでは絶対に決めなければいけないので、結構練習したんだけど、本番になるど、どうしてもダメですね。
けど、まぁ自分としては大成功だったと思っています。
あれだけ皆の前で「誓いの言葉」を宣言してしまったので、もう絶対変な事はできないな。
自分への戒めです。頑張ろう。


無事に結婚式当日を迎える事ができて、本当に良かった。
男性は、あまり結婚式自体に興味がないと言われていますが、そんな事はない。
興味アリアリです。(色々な細かい調整とか手配とかは全部やってもらいましたが…)
納得のいく結婚式を挙げる事ができて大満足!
花嫁さんじゃないけど、結婚式当日はまさに人生最良の日。

「こんな幸せな事って、世の中にあるんだ!」と一日中感動していました。


これからは、皆様からいただいた沢山のあたたかいお言葉を胸に刻み、二人で幸せな家庭を築いていきます。
本当にありがとうございました!


( ̄∇ ̄)






2010年11月24日水曜日

味噌汁が好きすぎて困る

【みそしる、味噌汁】
 miso soup


「食べ物」カテゴリーで、味噌汁は絶対ベスト10圏内に入る。
じゃあ、他の9つは何や?って聞かれたら、パっと思いつかないけど…

とにかく、温泉と並んで日本人で良かったと思えるひと時ですな。


「ふ」のお味噌汁。


大根、ワカメ、玉子あたりが好き。






2010年11月21日日曜日

鹿さんが消えた街

【しか、鹿】
a deer ((単複同形))

雄鹿 a buck/a stag
雌鹿 a doe
子鹿 a fawn
鹿の皮 deerskin/buckskin
鹿の肉 venison
鹿の角 an antler
鹿を追う者山を見ず He who is absorbed in making a profit misses all else.
中原に鹿を追う ((米)) run for political office; ((英)) stand as a candidate
鹿狩 deer hunting

奈良で平城京遷都1,300年祭りが盛大に開かれている。
そりゃもう、街中「せんとくん」だらけになっていて、人がたくさん集まってきているという。
最近全然行ってなかったので、そりゃ行くしかないっしょ!と、
阪神なんば線で奈良に向かいます。
振り返ると、去年の春頃に一回行ったっきりかな。
その時は一日中鹿さんに追いかけ回されて怖かった。観光ガイド(本)まで食べられるし…
天気の良い日だったので、平城宮跡会場はパス。
たぶん、とてつもない人で溢れかえっていて、のんびり癒されるどころの騒ぎじゃない気がした。
後で色々と話を聞いていると、それは正解だって。
もう、グチャグチャらしい。

なので、ワタクシ達は、奈良まちを中心に、美味しいモノを食べてカフェでのんびりして、しかも世界遺産もめぐっちゃうぞツアーを計画。
(って言っても、電車の中で地図を見ただけ…)
だいたいの所は知っているので、行きたいところをピンポイントで調査。
よし、定休日とか時間とかは完璧だ。

まずは猿沢の池。三条通りからまっすぐ歩いていくと、まずここにぶち当たる。池に亀さんメッチャおる。


ひとしきり池の写真をパチパチ撮ってから、早速「ならまち」に突入です。
この辺は昔ながらの雰囲気を醸し出しながら、良い感じに【今】と融合している貴重な地域。
何故だか分かんないけど、とても懐かしい気持ちになれます。
まさしく、今回の小旅行にうってつけで、のんびり写真を撮りながら歩くには最適な所。
けど、被写体が多すぎて、逆に結構疲れるのも事実…
本当に癒しだけを求めるんだったら、カメラは置いていかないと。
でも、そりゃ無理だ。

町屋の軒先には様々な飾り付けがしてあります。どこも千差万別。

これは今でも使っているのだろうか。使ってるんだろうな。




おっと、ここにも飾り付け発見。 よく見ると…
 

病院でよくもらう薬の入れ物! 銀色のやつがたくさん。
 

今日のランチはカナカナって決めています。
いつもかなり混むので、早めに行きたかったけど、まだ11時にもなってない。ちょっと早すぎ。
なので、まだまだ散策は続きます。
町の一角で、ちょうど開店準備をしている雑貨屋さんがあったので覗いてみた。
うお~ めっちゃ可愛いやん。
正直、ワタクシは顔に似合わず、こんな雑貨が大好き、。はい、キモいです。
全部良いけど、特にこのパンダ君が気に入った。
名付けて「パン夫(お)」。
無理矢理、この後の奈良小旅行に付き合わされる事になる。

パン夫、最高。 でも、この人の価格は100円…
 
次なる目的地は「元興寺」。このお寺は世界遺産。
とても小さいお寺だけど、見所は満載。
何時間いても飽きないのです。






はい、やっとやってきました「カナカナ」。
ありゃりゃ。
早めに来たつもりが、11時半の時点で1時間待ち。
ダメだね。
元興寺で夢中になりすぎた。
基本的に待つのは嫌いだけど、ここは仕方がない。ジッと待つことにしよう。
iPhoneのアプリで暇つぶし。最近のゲームは凄いね~。
クイズとかのアプリをDLして遊んでると、すぐに時間なんて経ってしまいます。
 
カナカナの外観。 町屋を改造しています。
 
ちょっと値段設定は高いけど、ヘルシーでまいう!


カナカナで大満足した後はテクテクお散歩。
天気も良いし、気候も良い。
後は鹿さんと戯れて、鹿せんべいを食べてもらえれば、今日の任務は完了。
奈良公園目指して歩きます。
道筋としては、グルッと大回りで、一旦、春日大社を抜ける「ささやきの小径」を歩きます。
森の中を抜けていくので、町中の喧噪から離れ、ひんやりとした雰囲気。
そこから一気に東大寺まで歩きます。(近いけど…)

春日大社の狛犬。
 奈良公園に到着すると、さすがにあちこちで鹿さんを見つけられます。
みんな思い思いに草を食べてるか、寝てるか、ぼんやりしている感じ。
ちゃんと車を認識しているのか、道路を渡る時は左右確認してノソノソ歩いていきます。
轢かれないか心配だ。







あら、何かイベントをやっています。
良く分かんないけど、楽しげな雰囲気。たくさんの露店が出ています。
こりゃいいや。



この写真立てを買いました。玄関に飾ってるけど、良い感じ。完全に手作りだって。

東大寺南大門まで行って、売店でビールと団子と鹿せんべいを買って、公園に戻る。
ここである異変に気が付いた。
鹿さんがいない…
これは大問題。
鹿がいなければ、今日のプランはしゅーりょーになってしまう。
とりあえず、ぐるーっと公園を歩いて探すけど、全くいないじゃないか!
この前は7頭ぐらいの鹿がオレを追っかけてきたじゃないか!
おそらく、最近は観光客がたくさん押し寄せてきているので、鹿さんもお腹いっぱいになって、どこかの森で寝てるんじゃないかと思うのよね。
じゃないとオカシイ。

 
鹿が一頭もいません。300円分の鹿せんべいはどうしてくれるんだ!
野菜アイスの試食をやっていたのでいただきました。
奈良はいいところだ。

早々に鹿さんは諦めて、ならまちに戻り、今日一日の疲れを癒すためにカフェに向かいます。
前回ここに来たとき、疲れすぎて2時間爆睡した経験あり。
そこまで居心地が良いカフェなのです。
奈良では有名な場所。

外観はカナカナと同じく町屋。

JACINTHE Cafe

1階はこんな感じの雑貨屋。奥の階段から2階へ。

ほら、癒しの空間。 やっぱりソファー席がいいですね。

普段は飲まないハーブティー。 ふぅ~


そんなこんなで奈良の小旅行は終了です。
簡単に来れて、たっぷり遊べる街なので、これからもちょくちょく遊びに行きます。
次はたくさんの鹿さんに会えることを楽しみに。


また来るぜ~!